昨日の日本経済新聞に

なぜ人は歩くのか?とある

そして、

その解は

歩く=生きる

歩くはどこかに向かう過程=人生

人は歩きながら。考えたり、祈ったりする。

目標に到達できるかわからない、途中経過の蓄積が人生・・・

確かに・・・・昔は走りながら考えるという標語がよくあった!

しかし、最近は歩きながらがブーム・・

熊野古道とスペインのサンティアゴ(ヤコブの墓)巡礼や四国八十八ヶ所

日本人は歩く・・・歩く・・・・

それだけ、

まだ、人生がわからない・・・

もがいているのだろう